わたしの自律神経はいつ整うのか

前回の診察で薬が増えて一日14錠になった。過敏性腸症候群が悪化したからだ。そういえば罹患したのはいつだっけと検索したら去年の3月だった。一年間薬を服用し、転職して偉大なストレス源から逃れたのに! 人と関わる限りストレスを感じないなんて無理、を自ら実証してしまった。

■過敏性腸症候群(IBS)ってどんな病気ですか?
□過敏性腸症候群(英語表記irritable bowel syndromeの頭文字をとって「IBS」といいます)は、お腹の痛みや調子がわるく、それと関連して便秘や下痢などのお通じの異常(排便回数や便の形の異常)が数ヵ月以上続く状態のときに最も考えられる病気です。
日本消化器病学会ガイドライン

「頻繁な水下痢」と「頻繁な屁」。前者は特に悩ましく、街中で突然もよおしたら、まず尻の穴を締めてトイレを探し、そろりそろりと移動するしかない。尻の穴を緩めれば大惨事。水下痢や残便感と共にある生活の心の休まらなさが伝わるだろうか。ちなみに「屁」は大体の人が聞こえないふりをしてくれるから困らない。

__私の自律神経は整うことがあるのだろうか。むしろ、整っていたことがあっただろうか。

生きにくさに病名がついたのは2012年の4月。だけど、昔から敏感な性質だった。心の奥に潜むネガティブな感情の扱い方がわからなかった。得体の知れない何かを抱えた自分は「正しい子供」ではないと思っていた。いつも身体のどこかが力んでいるのは社会に出て始まったことではないのかもしれない。


2 comments on “わたしの自律神経はいつ整うのかAdd yours →

  1. 付き合いが長いせいもあるのかもしれないけど、タソちゃんの文章は上手だと思います。
    物語を書いてみればいいのに。

  2. あきC
    自分の想像の範囲を出られない(のがコンプレックスな)私は、
    今のところ自分ネタの小話専門……。
    物語は考えたことがないけど、
    よく聞く「登場人物が勝手に動き出す」ってのが起これば
    自分の想像を超えた何かにいざなわれるのだろうかね?

    いつも読んでくれてありがとう。
    あきCにこんなことを言ってもらえて嬉しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。