ポラロイ論(宮下公園編)

渋谷駅近くにある宮下公園は、細長くて情けない形をしています。その宮下公園のネーミングライツ(年間1,700万円!)を、あのナイキが獲得したそうです。来春にはスケボーパークなどを新設したナイキパークがオープンする予定だとか。

毎朝の通勤時、山手線の車内からは宮下公園の青テントとグラフィティーが見えます。陰気な感じのする、決して上品とは言えない小さな公園です。近いうちに渋谷からひとつのいかがわしさが消え失せるかもしれません。


続けて読みたいエントリーたち

2 Responses to “ポラロイ論(宮下公園編)”


  1. 1おしづ

    山手線の車窓から宮下公園を見る度に、某Mちゃんがそこで振られたという話を思い出します(覚えてる?)。当時はブルーシートだらけじゃなかったと彼女は主張してましたが、20年以上前からブルーシートや段ボールだらけだったような記憶があります。

  2. 2taso

    >おしづさん
    10秒くらい考えて思い出したよ。Mちゃんの話。
    「宮下公園を見る度に」ってちょっと思い出しすぎじゃない?
    20年以上前からカオスティックだった宮下公園も
    いよいよ変わることになるんですね。
    また新たな恋愛模様が繰り広げられるのでしょう、ナイキパークで。

Leave a Reply

“Gravatar” (http://ja.gravatar.com/) に画像を登録するとコメント欄にあなたのアバターが表示されます。アバターは全てのWordPressブログに適用されます。登録は無料。なかなかユカイです。(コメントを書くときは登録したEmailアドレスをお忘れなく)