ナイスフォントシリーズ

こちら新宿三丁目。明治通りを一本入った路地にナイスフォントを発見しましたので、ここにご報告いたします。看板とちょうちんと表札のフォントの統一感のなさもご愛嬌。闇に浮かぶナイスフォント!

ところで今週発売の『TV Bros.』、表紙にomo氏こと大原大次郎君の手描きフォントが掲載されていますよ。しかも見開きで対談まで! 対談相手は新宿駅利用者にはお馴染み、あのフォントの産みの親、佐藤修悦氏。この二人を引き合わせるとは、まったくもってナイスキャスティング!


続けて読みたいエントリーたち

0 Responses to “ナイスフォントシリーズ”


  1. No Comments

Leave a Reply

“Gravatar” (http://ja.gravatar.com/) に画像を登録するとコメント欄にあなたのアバターが表示されます。アバターは全てのWordPressブログに適用されます。登録は無料。なかなかユカイです。(コメントを書くときは登録したEmailアドレスをお忘れなく)