起床・覚醒・中平卓馬

行動療法記録紙の中に「覚醒」という項目がある。隣には「起床」がある。覚醒は決しておはよう、という平和的目覚めではない。以前は夜中や早朝の覚醒があった。覚醒の項目の説明を受ける間、写真家の中平卓馬氏を思い出していた。

彼の日誌が毎日『覚醒!』の文字で始まるからだ。元々は多言語を話す編集者だったが写真家に転向。アル中で倒れ記憶と言語の大半を失ってからは「凝視」や「記録」がテーマになった。古い雑誌では『朝、7時25分に覚醒しています』と答えていて可笑しかった。©『カメラになった男』


続けて読みたいエントリーたち

2 Responses to “起床・覚醒・中平卓馬”


  1. 1pinkbear

    朝7:25分は覚醒なの?
    私は覚醒と聞いたら「大日本帝国!」と叫びたくなりますが。
    iPhoneアプリのSleep Cycleにいっときハマっていましたが、それだと確実に4時くらいに4時すぎにDeep Sleep がきて、どーーんっと一気に目が覚めてる状態になってる傾向がでてて面白かったよ。

  2. 2taso

    >pinkbear氏
    中平氏の場合は「起床」だと思うけど(笑)「覚醒!」って文字が毎回強烈でね。
    なにかの雑誌で見かけたんだけど探しても見つからなかった。処分したアサヒカメラだった可能性が濃厚…。
    睡眠系のAPPって意外に多いよね。ということは自分の睡眠ついて悩んでいる人も多いのかな。それとも無意識の時間への興味?

    そういえば『AKIRA』読み返そうかなって思ってるうちに原画展も終わってしまったよ!
    そしてなぜかうちには2巻までしかない。

Leave a Reply

“Gravatar” (http://ja.gravatar.com/) に画像を登録するとコメント欄にあなたのアバターが表示されます。アバターは全てのWordPressブログに適用されます。登録は無料。なかなかユカイです。(コメントを書くときは登録したEmailアドレスをお忘れなく)