今月の1枚・2012年10月

幸せの鐘が鳴り響き僕はただ悲しいふりをする / Blankey Jet City
約3ヶ月で最新作(00年)からデビュー作(91年)まで遡った。同じアルバムを聞き続けて次に移るのだけどこれには長く足止めを食らうことになった。「風になるまで」は何度聴いても良い。

全体的に憂いが強く、存在が際だっている。ライブアンセム盛りの『SKUNK』と『C.B.Jim』の間に制作されたとは信じ難い。鮮烈な “女装ジャケ” は写真家・高橋恭司によるもの。それも選出理由に付け加えなければ、一枚だけ選ぶなんて無理!


続けて読みたいエントリーたち

0 Responses to “今月の1枚・2012年10月”


  1. No Comments

Leave a Reply

“Gravatar” (http://ja.gravatar.com/) に画像を登録するとコメント欄にあなたのアバターが表示されます。アバターは全てのWordPressブログに適用されます。登録は無料。なかなかユカイです。(コメントを書くときは登録したEmailアドレスをお忘れなく)