112406

無限プール編《シンガ記7》

出発前に水着を持ってくるように言われていたけど桃熊邸のプールに入るだけと思って競泳水着を持参してしまった。しかしベイサンズに来てプールに入らないわけにはいかぬ。リゾート感ゼロのSpeedoのスイムウェアにバスローブを羽織る。

3棟をまたぐ巨大プールは無限プールといういかした名前だった。窓ガラスを挟まずに見る夜景は感動的だが、同時に自分が水に浸かっているという不思議な状態だった。デッキチェアに寝転がっていると桃熊がシンガポール・スリングを持ってきたよ! これ以上ないロケーションじゃないか。


6 comments on “無限プール編《シンガ記7》Add yours →

  1. ポチっとなとやってみたら、シンガポールスリングが出てきた。ねぇーなぁっておもってたけど、やっと見つけたよ。スーパーマリオの隠れアイテム発見した気分。

  2. >ひろ氏
    発見おめでとう!
    (テキストリンクに気付いていない人も多いのかな・・・?)
    他にも隠れアイテムあると思うから、下線のあるところをクリックしてちょうだい。
    想像よりアルコール度数高そうだったけどフレッシュで美味しく飲めたよ。
    ※桃熊様ご馳走さまでした!

  3. OK!じゃあ、エロい写真でも隠れてないか探してみっかな(>_<)

    楽しい旅だったようで、なにより。

  4. バブリーなのもわるくないな、と思えてしまう絶景かな!

  5. >なりたさん
    一年中夏のシンガポールも、さすがに夜のプールは寒かったです。
    キンキンではないものの温水プールでもなく。ぶるぶる。
    とはいえ実は欲張って翌朝も体験してしまったんですが!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。