転職して1年経った

当たり前だけど、求人票だけで会社の本当のところはわからない。面接官は現場の声なんか教えてくれない。転職を博打にしたくはないけれど、合う/合わないは入社してみないとわからない。緊張とともに今の会社に飛び込んだのは去年の8月1日。一年経った現時点では「転職は成功した」と言えそうだ。

根強い社内政治に不可解な人事。眉をしかめることは多々あれど、現場には関係が薄いからか不思議と働きにくさは感じない。ディレクション範囲は狭く深いから制作に集中できるし、新しい企画を歓迎してくれる上司もいる。労働時間はぐんと減って夏は明るい時間に帰宅できる。収入も(少し)増えて旅行の計画を立てられるようになった。

一年経ったら身の振り方も板についてきた。なんといってもルールに忠実なベテラン勢の扱いが肝である。行く手を阻まれそうになったら「え〜っそんなの初めて聞きましたア!(ここ6社目ですけどォ〜)」とスットボケて振り切るのが得策なのだ。経験社数の多さを活かした40代の処世術。

自由を欲しながらしっかり会社員タイプの私にとって、ここはいい塩梅。ラフ画を描きながらよくもこんな居場所が見つかったものだ、とふと思うことがある。次の一年が考えられる職場は初めてかもしれない。


0 comments on “転職して1年経ったAdd yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。