042001

やらなければをやりたいに変えるために

しばらく会社を休職することにした。仕事に楽しさを感じなくなり、アイデアも気力も出ない。できるはず、やらなければならない、と自分を鼓舞しながらやってきたけど、それがぷっつり切れた。思考ができなくなってしまった。医師により、パニック障害という崇高な病名がついた。

ここには現状を書くつもりだった。多くはないものの、ここには大切な人たちがいる(気がする)。こうして時間もできたし、今の暮らしを書いていきたい。どうかご心配なく、仕事を離れた今は平穏です。


5 comments on “やらなければをやりたいに変えるためにAdd yours →

  1. 僕も、パニック障害ですよ。大学の時だからもう10年?

    やりたいこと、楽しかったことにもやる気が出ないってのは僕も最近あります。
    年齢かなぁ。褒められたり叱られたりしなくなって人間関係が希薄になったのも原因かな?
    人の喜ぶ顔が見たくて仕事やってたようなもんなんで。転職して一年、三十半ば。再びアイデンティティを探す旅です。

    鍼灸や、整体などで、ココロと体を整えて、ゆっくりしてください◎

  2. tasoさんお久しぶりです。お休み中ですか。
    いつもtasoさんはいつも自分の事をちゃんと考えている気がして一目おいておりました。わたしは自分の事結構いい加減に考えているのでなおさら。
    会いたいし、話しをしたいし、ランチでもディナーでも行きたいです。

  3. >god24hrsさん
    パニック〜と言っても私は原因がはっきりしています。だから休みをとることで今はリラックスできています。
    人の喜ぶ顔が見たいっていうのは同感です。
    こうしなきゃいけないという真面目な部分がアダになったんだと思います。
    (と、医者にも周りにも言われているし、自分もそう思います)
    鍼灸、そういえば通っている病院でもやってますね。どんなもんか、聞いてみようかな。
    「転職して一年、三十半ば」も私と同じです。
    ブログをまた書こうと思えたのも、あなたのツイートがきっかけでした。
    人は与えられて動く、それが自然な気がします。

    >さっちゃん
    Facebookのタイムラインを眺めてると、さっちゃんはぐんぐん知識を吸収して、
    仕事もスキルアップしている様子がうかがえます。
    webマーケ関係のシェアはいつも参考にしてるよ。
    (こっちは実名じゃないからtasoさんって呼ばれるの久し振りだな)
    ここのところ、いろんな好奇心とか欲を失っていたんだと思う。
    だから今はやりたかったことをちょっとずつやってます。
    コメントありがとね。

  4. 仕事に対して真剣だからこそ、なのかなとtaso氏を見ていると思います。ここでお休み中の経過報告が読めるのが楽しみです。
    いつかこのページでシンガポールが紹介されますように...(しつこい)

  5. >pinkbear氏
    今の自分にはいろいろ足りないところがあって、でも今まではそれでなんとか許されてきたんだと思う。
    友達には恵まれていて、君のように心配してくれて声を掛けてくれる人もいる。
    だから生き方を間違っているなんて思っていないよ。
    でも社会に出るとそうはいかない。自分の話を聞いてくれる人ばかりじゃないものね。
    意外にも治療に時間が割かれて、ただのお休み、というわけにはいかなかったけどシンガポールに行きたい気持ちは変わってないよ!

    最後に、このポストにコメントがついて嬉しい。誰も書かないと思ってたから(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。