人生のあの辺この町と

上京組にとって初めてひとり暮らしをした街はいつまでも特別な土地で、大学を卒業してから10年以上経ってもその沿線に住み続けたりする。立川市始まりの中央線住みは自分のほかにも何人かいる。C氏が学生時代を過ごしたのは、ここ町田。

彼女の住んでいたマンションのあたりや、まだ営業を続けていたアルバイト先の前に立てばかすかな記憶が刺激をうけて一緒に気分が高揚した。多感で自由で孤独を知った人生のあの辺はいつまでも濃くて豊かなワンピースだ。C氏は愛娘と街を見歩く母になった。あの頃を感じていたろうか。


続けて読みたいエントリーたち

0 Responses to “人生のあの辺この町と”


  1. No Comments

Leave a Reply

“Gravatar” (http://ja.gravatar.com/) に画像を登録するとコメント欄にあなたのアバターが表示されます。アバターは全てのWordPressブログに適用されます。登録は無料。なかなかユカイです。(コメントを書くときは登録したEmailアドレスをお忘れなく)