Archive Page 2

ただいま就業中2016

恵比寿GPを「恵比寿グランプリ」と勘違いしていた人間が恵比寿ガーデンプレイスで働くことになりました。オフィスワーカー向けの食堂もさっそく体験。今時の社食は皿にチップが埋め込まれていてお会計もとってもスピーディー(感心)。動く歩道の追い越し車線は、とんでもなく速い。

ウェルカムランチや夜の会食。何年も距離を置いていた会社組織というものに引き戻されていくのを感じます。気を張っているので連日疲れるけれど同期が3人いるのが救い。初週は社内研修と自習(という名の放ったらかし)がメインでした。


明日から新しい会社

二ヶ月半の仕事をしない日々が終わってしまった。あんなに崇めていた平日休みも始まってみれば無駄遣いの連続。終了目前にして名残惜しさがせり上がり金曜日は美術館へ駆け込んだ。リオオリンピックがあり、ポケモンGOにはまり(そして飽き)、「君の名は。」を二度観た夏だった。

明日から新しい会社で働く。今朝は駅まで行って定期を買った。午後は部屋でひとり、上下とも新調した明日着ていく服を着てみた。緊張はやはりやってくる。だけど皿を洗いながら泣いてはいない。秋、冬、どんな日常が待っているんだろう。


ただいま失業中2016〜第2回

就職先が決まっても就業前日までは失業給付が受けられるらしい。打ち切りになると思っていたので安心した。就業前日にハローワークで手続きが必要と言われたので自転車に乗って行ってきた。

受付のトレイに書類を入れるとすぐ職員に声を掛けられた。「就職決まったんですよね」と独り言のように言って書類を取り出す。あ、前回も吉田羊に似たこの女性だった。再就職する人が少ないのか別の職員が「おめでとうございますう〜!」と破顔した。手続きが終わり「私がここに来るのは今日で最後ですか」と聞くと吉田羊が頷いた。


2016年の転職活動まとめ ―序章―

仕事を辞めて2ヶ月以上経つ。朝の憂鬱がないのには救われるけれど、働かない日々はめりはりがない。無職の後ろめたさも平日に休める特別感も今では薄れ、玄関を出ないまま終わる日も多い。次にいつ休みが取れるかわからないってのに。

内定を貰うその時まで、ハリハリと落ち着かない気持ちが続いた。ここのところストレスを遠ざけることを重視してきた自分が久々に奮起した出来事。時間があるうちに今年の夏の形跡を残しておこうと旧ブログを叩き起こして長文を書きました。《2016年の転職活動まとめ》はこちらです。


念願のやちむんを買う、吉祥寺で。

随分前からやちむん(沖縄の焼き物)が欲しかった。刷毛跡の残るおおらかな絵付けで料理がうまそうに見える。内定が出たらご褒美に買おうと決めたもののなかなか好みの色柄に出会えないでいた。やちむん探しは長期戦になるかと思われた。

今日初めて行った吉祥寺のVada antiques(ヴァダアンティークス)には実家の食器棚よろしくやちむんが積み上がっていた! 買い付けのエピソードや作り手の紹介を聞きながら念願の7寸皿を二枚買う。二年前にオープンし、やちむんは通年積極的に扱っているそう。通いたい店を見つけた。


ただいま失業中2016

先日申し込んだハローワークのガイダンスを受けた。受講者は30人ほどで40〜50代が多く若者はまばら。職務経歴書の書き方や面接の心構えなどの講義が一時間半続く。リストラにあった中年男性が再就職を目指し奮闘するストーリーのビデオ教材も観た。こんなのを前回も観たんだっけな?

そう、前回失業した時はこういう場がつらくて仕方がなかった。失意の底で神経過敏で心は病気だった。だから今の方がずっとずっとましだよな。あの頃を思い出してぼんやりしているうちに講義は終わった。帰りに500円のラーメンを食べた。


転職活動週報(Week11)

■応募0 ■不採用0 ■選考中0 ■内定1
東京が台風で大荒れとなった月曜日、A社の内定を獲得したとエージェントから連絡があった。追って内定通知書も郵送されてきた。転職活動がやっと、やっと終わった! 不採用なら仕切り直すと決めたけれど、気力が戻らなかったらまた働けない自分に戻ってしまうかもしれない。目を閉じればすぐそこに不安が横たわっている日々だった。

火曜日はエージェント数社に活動終了のメールを送り、転職サイトの休止手続きをして回る。夜はめろすと回転寿司で慰労会。お互い食べ過ぎた。


転職活動週報(Week10)

■応募0 ■不採用0 ■選考中1 ■内定0
水曜日はA社で最終面接。「最終で(それまでの高評価が)覆ることもある会社様です……」とエージェントは神妙に言う。とはいえ今更実力以上のなにかを披露できるわけでもない。結果が出るまで気が休まらないけれど、選考中の企業もないし転職活動はこれでひと区切りつけようと思う。最近は求人紹介のメールを開封するのも億劫だ。

土曜日、離職票が届く。この書類がないと失業給付の手続きが進まないので到着を待っていたものの手にすれば三年前を思い出して心がざわつく。


おばあちゃんファーム ’16盆 嘆き

几帳面な性格のおばあちゃんは畑の管理もきっちりしたいタイプ。しかし今のOBFはかつてないほどワイルドな状態です。畑の後方にあった十六ささげの支柱が強風で倒壊、立てなおすと実が傷つくとそのままにしていたら雑草がはびこり、どこに何が植わっているのかもわからない有り様に。

連日の猛暑、畑仕事はほどほどにしてほしい気持ちもあって孫は安心してもいます。雑草抜きなんぞ始めたら日暮れまで没頭するのだから。「はあ(畑なんか)やめるだえ」と無秩序を嘆くおばあちゃんですが、元気なうちはやめっこないだで。


転職活動週報(Week9)

■応募0 ■不採用4 ■選考中1 ■内定0
集中力と意欲を維持するのは楽なことではない。26社エントリーして25社で不採用。前日から緊張がやってくる面接を7回。不採用のたび自信をなくし疑心暗鬼になる。疲れが出始めた。A社の内定が出なかったら一旦休んで仕切りなおそう。

ともあれ。火曜日に二次面接を受けたA社は最終面接に進めることになった。エージェント曰く、企業研究をして提案書を持って行ったのが効いたという。他に選考もなかったので木曜日に静岡に帰省。仕事を辞めたことは家族にいえなかった。