Archive Page 4

転職活動週報(Week3)

■応募2 ■不採用1 ■内定0
7月になってしまった。最終出社は15日。以降は有給消化にあてるので今月後半は休暇。せっかくの休みも次が決まらぬままでは心許ない。鼓舞するのは嫌いだけど今だけはなんとか、頑張ろう。

火曜日、某化粧品会社の不採用の知らせがきた。エントリーしただけなのにそこで働くことになった(いい感じの)自分を想像してしまう癖が不採用のダメージを大きくする。木曜日、終業後に半蔵門の人材紹介会社に行き面談。40時間以上の残業はNGと告げると担当者の顔がさっと曇った。


転職活動週報(Week2)

■応募1 ■不採用2 ■内定0
複数の転職サイトに登録すると転職関係のメールが日に20通くらいくる。タクシードライバーやラーメン店店長のスカウトメールもある。一体どの経歴がマッチしたのか興味深い。この人生望めば大胆な方向転換も許されるのだと妙に納得する。

先週応募した2社は書類選考落ち。土曜日は飯田橋の人材紹介会社で面談。募集職種はWeb編集なのに「紙」もできる人が欲しいと言われる。人気企業(某化粧品会社)は要求が高い。紙とWebの違いってなんですか?と担当者に聞かれて困る。


転職活動週報(Week1)

■応募2 ■不採用0 ■内定0
環境を変えるのが苦手なたちだから転職は気が重い。でも今やらなければ失業するのでとりあえず転職活動をはじめています。今の希望は正社員。

2年ぶりの職探しは書類の準備から。登録したままになっていた転職サイトにログインしてデータを更新。経験職種がひとつ増え住所が変わった。現職の業務を1ページにまとめてポートフォリオに追加した。転職サイトがうりにしているキャリアカウンセリングは「ご転職先をご紹介することが困難」などの理由でどのサイトにも断られた。


残業しなきゃ、だめですか?

前職で残業禁止令が出たことがあった。「~時になったら照明も消す」と総務部は言った。しかし翌日には暗がりで残業する者があらわれた。退勤ボタンを押してから残業すれば大丈夫と誰かが言った。仕事熱心な人たちが禁止令を揉み消した。

求人広告でよく見るのは「残業:月40時間程度」の文字。「残業少なめ」にチェックを入れれば該当求人件数は激減する。日中に集中して働いても残業前提で働く人からの校正紙待ちで帰れないことはざらだった。残業に価値を見いだせない人間は制作業に向いてないってこと?(まさかね?)


続々、これからの働き方

次に選ぶ道は、正規?非正規? 非正規のメリットは会社に束縛されずドライに働けること。上司もいないし仕事を持ち帰ることもない。そのかわり収入は減ったし(会社員時代から月収は10万円ダウン)評価制度がなくやりがいに欠ける。企業都合で契約が終了することもある。今回のように。

前職で「パワハラは会社ぐるみで見て見ぬふり」の憂き目にあったから直雇用なんてぜんぜん信頼できない。でも一度の失敗で可能性を絶つのはもったいない。30代最後の年でもあるし正社員復帰を目指そうと思う。この夏はどうなることやら。


ピクニック2016

まさに今がハイ・シーズン! 先月の代々木公園でピクニックに目覚めた。自転車で15分の小金井公園(写真)は敷地が広くてくつろげたし、井の頭公園(第二公園)は背後の民家が気になるものの忘れ物を取りに自宅に戻れる距離が気軽でいい。

必需品は芝生に敷く薄手のラグ。家で作ったサラダと冷えた炭酸水。読みかけの本もバッグに入れる。吉祥寺通りのトーホーベーカリーに寄ってパンを買う。ラグの上に腹ばいになり息を吸い込むとハーブの香りがする。頭上から小鳥の鳴き声。腹が冷える。梅雨がくる前にあと何回かやろう。


ついに派遣契約が終了になる話

今の仕事が7月末で契約終了になった。いつまで働けるかあやういとは思っていたけれど……。画像編集業務は外国に発注することになるらしい。

マンネリで平坦な日々に悶々としながらも何もなかったらだらだらと働き続けたような気がする。社会復帰のリハビリ期間と考えれば切り上げどきなんだろう。でも前回なかなか仕事が決まらずに苦しんだので気分が沈む。そんな上層部の決定を申し訳なく思って「僕がサンドバッグになります!」と言った社員には500円玉よりでかい円形脱毛がいくつもあり何も言う気になれなかった。


どこでもランニングセット(2016年版)¥39,219

・ULTIMATE DIRECTION Groove Stereo……¥10,800
・ARC’TERYX Neutro Visor ……¥4,320
・adidas by Stella McCartney RUN PureBOOST X……¥21,600
・Bluetooth スポーツイヤホン……¥2,499
・STRAVA(with iPhone6)……¥0
・麦茶
・現金
2年前と4年前の同月にやっていたので最新版にアップデート。最近は丸粒麦茶を燃料に走っております。井の頭公園がホームコースになりました。


さよならピェンロー

晩御飯はピェンローと聞いていたので仕事中のキータッチが弾むほど楽しみにしておりました。ピェンローとは白菜をとろとろになるまで煮込んだ鍋のこと。他の具材は肉類と春雨。椎茸と昆布でしっかり出汁をとり、味付けはごま油と塩のみ。

冬場は週一ペースで食したこの鍋も、旬の白菜が手に入らなくなったらおしまい。しっかり別れを告げないまま気が付けばもう初夏じゃん。だから今宵は中途半端な気持ちにけりをつけるピェンロー納めの儀。残ったスープをナンプラーと酒で調味すれば完飲必至のラーメンスープになります。


井の頭ファーム2016年5月「コンパニオンプランツ作戦」

コンパニオンプランツ【こんぱにおん・ぷらんつ】[名]一緒に植えると互いの成長によい影響があるとされる植物のこと。病害虫予防、成長促進、収穫量の増加などの効果を生むといわれる。

5月7日。ゴーヤーの植え付け。今年は入念に害虫対策をしたいけれど殺虫剤は使いたくないな。そこでコンパニオンプランツを実践することにしました。センチュウに殺虫効果があるというマリーゴールドを植え、ハーブの強い臭いが虫よけになると聞きバジルの種を撒く。ミントやパセリの鉢もプランターの近くに配備。効果はあるのかな?