Archive Page 3

転職活動週報(Week8)

■応募1 ■不採用1 ■選考中2 ■内定0
Webテストの結果B社は不採用となった。入社前にミスマッチが発覚してよかったと思いたい。オリンピックも始まったことだしスポーツ選手が言う「気持ちを切り替えて」ってやつでいかねば。

井の頭公園で現実逃避(ポケモンGO)しているとA社の一次面接を通過したと連絡があった。出来が悪くて諦めていたから驚いた。エージェントの助言でA社の製品を購入し二次に備える。水曜日は別ポジションを打診された会社で一次面接。内容に違和感があり辞退の文字が頭をかすめる。


村上春樹とイラストレーター展@ちひろ美術館

村上春樹の“小説以外”を27冊一気読みした。村上春樹とイラストレーションは相性が良い。中でも単なる挿絵以上の掛け合いを見せてくれる安西水丸氏のイラストには顔がほころぶ。2014年に逝去され、ふたりの新作はもう見られないけれど。

水丸氏は墨線を描いた紙にフィルムをかぶせ、そこにカラートーンを切り貼りして色を重ねる技法を用いる。ラフな線と着色ずれが特有の洒脱なムードをつくるのだけど、原画を見ればコンマ何ミリの修正が加えられていることがわかる。印刷後には消えてなくなる表現への熱情に励まされた。


転職活動週報(Week7)

■応募1 ■不採用4 ■選考中3 ■内定0
渋谷ヒカリエ高層階など、3社で一次面接。志望度が高いA社へは企画書を持っていったけれど攻めタイプの面接官で空気は重く、望みは薄い。和やかな雰囲気だったB社は無事面接を通過した。C社は不採用。先週面接を受けた会社も不採用。

ほっとしたのも束の間、B社からWebテストの受験案内がきた。言語(国語)、非言語(数学)、性格適正検査の3部構成。参考書を買い図書館の自習室に籠ったものの非言語問題のわけのわからなさに茫然自失。確率、損益算、連立方程式??


転職活動週報(Week6)

■応募1 ■不採用5 ■選考中5 ■内定0
久々に訪れた会社に行かない日々。三連休明けは応募企業から連絡が相次いで3社で書類通過の知らせ。今週はなるべく神経を使いたくなくて面接は来週に設定した。ちなみに冒頭の「選考中5」は書類審査通過後の選考過程にある企業数です。

水曜日は新宿区の会社で一次面接。ライターで応募してもディレクターやマーケターの経歴から別ポジションを打診されることがままある。40歳手前でキャリアがぶれるのは手痛い。でも必要とされるところで働きたい気持ちもあって悩ましい。


転職活動週報(Week5)

■応募20 ■不採用7 ■内定0
キャリアコンサルタント曰く、書類選考の通過率は2割ほどらしい。気になる求人にはとりあえず応募しておくのが正解だという。内定をいただくのは想定以上に大変だった。新卒時にまったくやらなかったシューカツを16年後の今やっている。

大手のエージェント2社に登録したら紹介件数が激増した。100件弱の求人票に目を通し「気になる求人」には応募した。気にするまいと思っても不採用の知らせには身体がサアッと冷たくなる。ひとまず2社の一次面接が決まり報われた思い。


7月16日《いつものコースを紹介します9.21km》

2014年の秋にここに越してきてからは井の頭公園の西園(ジブリ美術館のあたり)を走っています。400メートルトラックには部活動中の中高生の甲高い声が響いて懐かしい気分に。芝生で笑い転げる若者のグループ、ベンチでそれぞれに読書する夫婦。健康遊具で身体を伸ばすお年寄りも。

玉川上水沿いの緑道は格好のランニングコースです。夏は木陰が涼しく感じられ、日が高くなる前に距離を稼ぎたいランナーが足早に(というか)駆けていきます。昼を過ぎるとわっと人が多くなるので池の周りを走るなら午前中の早いうちに。


退職しました

1年10か月働いた会社を退職した。学生の頃からAdobe系ソフトに苦手意識があった(実は今でもある)ので、IllustratorやPhotoshopを使う仕事に就くとは思っていなかった。それで飯が食えたのだから自分史においてひとつの達成ではある。

趣味も語らず仲良しも作らず淡々と働いた。社会復帰のリハビリとしながらも経済的に生活を支えてくれた仕事だった。しばらく弁当はつくらないのに梅干しのパックを買ってしまった。毎朝弁当をつくれたのはペースを守って働けたからだ。新しく望ましいこの習慣をまた再開できたらいい。


家焼肉のめざめ

カセットコンロにセットして使う焼肉プレートを買って家焼肉にめざめた。油跳ねと煙が気になって購入を迷っていたのだけど、新聞紙を敷けば汚れを回避できるし受け皿に水を入れる構造で煙も少ない。焼肉がぐっと身近になった今日この頃。

家焼肉の優れたところは、1.準備が簡単で、2.野菜もたっぷり食べられて、3.安上がりなこと。精肉店でホルモンを見繕い、スーパーで特売肉を狙う。にんにく醤油だれとねぎ塩だれは自作する。自分んちの野菜を目の前で焼く感慨。藍色の空を眺めながら咀嚼すればなんか満たされる夏の宵。


井の頭ファーム2016年7月「朝のふれあい」

もう少し寝ていたい朝も野菜たちが水やりを待っていると思えば起きられる。この植物のいったいどこが実になるんだろうと目を凝らしてみる。そのうちにどこかが膨らんで野菜の色形が出現する。つややかで小さいそれを撫でてみたりする。

天然成分の虫除け剤を導入したおかげか、はたまたコンパニオンプランツの効力か、去年あれほど悩まされた害虫を見かけません! しかし九条ねぎだけは例外、しつこいネギアブラムシにやられて夏場の栽培を断念することに。去年は竹酢液を散布して退治できたけど今年は効かなかったなあ。


転職活動週報(Week4)

■応募0 ■不採用2 ■内定0
今週は書類選考落ちのお祈りメールで幕開け。火曜には初めて書類選考通過の知らせがきて、金曜に一次面接。前日は猫を相手に面接の練習。キャリア外のコピーライター職なのでコピー案の企画書を持って行ったが、先程不採用の連絡がきた。

木曜&土曜は新規のエージェントと電話面談。社名非公開求人に応募するときは仲介のエージェント会社に登録しなくてはならずすでに5社登録。書類提出と面談の繰り返しで疲れる。来週は応募で忙しくなりそう。現職の出社最終週でもある。