Archive for the 'デイ・バイ・デイ' Category

自分へのごほうび

「自分へのごほうび」とはなんて都合のいい言葉だろう。少々思い切った買い物もこの言葉で乗り切れる! 今日は年に一度のクリスマス、だから最近買ったものは自分へのクリスマスプレゼントということにして罪悪感から逃れようじゃないか。 インターネットで購入した1万円のごみ箱とコンベクションオーブンが届いた。使っていた自動開閉ごみ箱がリコールになったので憧れのブラバンシアを買い、以前から欲しかったデロンギのオーブンも勢いで注文した。引越祝、社会復帰祝・・・プレゼントの理由はいくつでも作れるから困る!


週末のお楽しみ

「週末はなにするんですか?」と同僚に聞かれて「農協です」と即答して笑いあった。だって引越し後の休日を思い返すとほとんどそうだし。自転車で行ける距離にあるJA東京むさし三鷹緑化センターで、地場産の野菜を買うのが楽しいんだし。 スーパーの野菜に比べると大きくて形も個性的、なにより新鮮。生産者の簡素な名前シールも味わい深い。捨て値のB品も忘れずチェックだ! 帰り道はリュックサックに大根さしてゆさゆさ葉を揺らしていこう。大根はふた瓶分のピクルスとカレーの具に、葉は白米に混ぜて菜飯になりました。


眺めのいい部屋

この部屋は眺めが良い。高円寺の部屋は眺めなんて無いに等しかったから嬉しい(来たことがある人はわかるはず)。だんだん街が明るくなっていく様子は静かで美しくて、早起きのつらさを和らげてくれる。自分が見ていない間もこの光景が毎日繰り返されていたことに今さら驚いてしまう。 台所の窓から近所の畑や玉川上水の木々が見下ろせるので朝食は調理台の前で立って食べようと思いました。窓をあけて景色を見ながら納豆や昨夜の残りの味噌汁をすする。建物の前後左右があいたことで身も心も開放されたような気がします。


キウイをもぐ

このあたりでは住宅街の間に突如畑が現れたりする。少し離れた街道沿いにはファミリーレストランやホームセンターが並んでいてどの店にも駐車場がある。都心と郊外の中間に位置しているから車が便利に使えるボーダーラインなんだと思う。 農園で「キウイのもぎとり」の看板を見かけてから楽しみにしていた。当日、開始時刻から30分後に行くと早くも閉園準備をしていた。予想より人出が多かったと農園主が慌てていたけど奥のほうに案内してもらい1.5キロぶん収穫。これで300円はお買い得。追熟させてキウイジャムを作ろう。


猫と寝る冬、ふたたび

部屋の奥にこもりがちだったヨルも冬の到来で居場所を変えた。日中は日差しが暖かい窓辺に、日が暮れたらベッドにもぐりこんでいる。夜中には枕元でがりがりという音を聞くようになった。薄目をあけるとヨルが前足でシーツをたぐりよせるような仕草をして布団に入れろとせがんでいる。 同居して3ヶ月、懐いたとはいえないけれど寒さのおかげで真夜中は仲良し。寒い夜にまた猫と一緒に寝られるなんて、と暗がりでにんまりする。目覚ましなんか無視してお前と寝ていたい。でもベランダで水やりして室内の君の姿を見る朝だ。


トレジャーハンティング

高円寺の家には繁華街の賑わいが聞こえていました。突如そんな部屋で暮すことになっ(てしまっ)たヨルさんは大層ストレスを感じていたのです。人目を避けるように暗がりから出てこないばかりかウンチをしない猫になってしまいました。 動物病院に駆け込みフードを変えても“出ない”ヨル。時々発掘されるそれは「トレジャー(宝もの)」と呼ばれ珍重された。落ち着く間もなく引越し日を迎え心配したけれど、どういうわけかこの家では猫砂蹴散らし快調快便! 猫のトイレ掃除はトレジャーハンティングと呼ばれております。


あたらしい八百屋

高円寺の高野青果。北口に降りれば威勢のいい声が聞こえてくるでしょう。野菜や果物がいつも安くて買い物し甲斐のある店です。高円寺からの転出はこの店との別れでもあって。八百屋探しは新生活を始めるにあたって重要なミッションです。 めろすが駅とは逆の方向に八百屋を見つけたというので行ってみました。品揃えも豊富で国産野菜がスーパーより2割は安くてひと安心。週末には自転車を走らせてJAの直売所に行ってさつまいもとふぞろいにんじんを買った。近所をくんくん探りながら新しい土地での生活が始まっています。


高円寺ラストデイズ

雨降りの夜も戸を開け放した飲み屋にはお客がいっぱい。雨だれごしに暖色の電灯がぼやけ客たちの談笑が見える。この週末に高円寺から引っ越します。来週はもう別の場所に住んでいるなんて不思議な気持ち。少し先の未来に頭がなじまない。 外を歩けばここを離れるさみしさにすっぽり覆われます。中央線という場所が目に入る色々をとくべつにさせてしまうのでしょうか。日常の光景も情緒的に変えてしまう中央線的ななにか、に学生のころからずっと寄りかかっていたのかもしれないと思いました。さあ、荷造りを進めなくちゃ。


猫がきた(人間もきた)

いろいろあって引っ越すことになりました。新居は吉祥寺の井の頭公園まで歩いていける場所。周囲は住宅街で静か、見晴らしもよくてここ高円寺の部屋とはずいぶん環境が違います。念願のベランダ菜園もできそうです。緑のカーテンも……! 仕事復帰と同時に初の同居生活がはじまっています。同居人はめろすと彼の飼い猫の「夜」。デリケートなヨルは昼間は部屋の奥にこもりきりで行動開始は夜半から。環境に慣れないのかすぐに逃げるので身体をなでるのもひと苦労、一眼レフを見ようものなら一目散。写真はiPhoneでさっと。


料理はおいしそうに、女性は美しく

Photoshop職人を目指して勉強中です。このたび画像を“魅力的に”加工する仕事に就きました。今までデザイナーに頼んでいたのに(そして彼らのスキルにいつも助けられていたのに)立場が変わりました。まさかデザイナーデビューするとは。 仕事探しで重視したのは集中して取り組める業務であること。前職ではWebディレクター&ライター、マーケティングに商品開発・・・と担当範囲が広く気が焦るばかりでした。制作者になくてはならない、良いものを作りたいという意欲も抜け落ちた。それがとても残念な経験だったからです。