Archive for the 'デイ・バイ・デイ' Category

2016年の味噌作りその三(完結編)

いよいよ味噌を容器に詰める。ハンバーグを作るときのように空気を抜き軽くまとめながら隙間なく。木桶だと雰囲気がありますがうちにはないのでホーロー容器(容量3.2リットル)を使用。表面をラップで覆い重石を乗せて仕込み完了です! このまま10か月常温で保存。カビや腐敗は大丈夫なのか。虫はつかないのか。初心者ならではの疑問とともに熟成を待つことにします。年末にはおいしい味噌汁を味わって手前味噌を並べたいもの。めんつゆやポン酢、ドレッシングに焼肉のたれ。我が家の冷蔵庫には自家製が増えています。


2016年の味噌作りその二

土曜日の昼に作業開始。まずは乾燥大豆をよーく洗い大きいボウルへ移して水につける。丸一日後、フクフクとボリュームアップした大豆を圧力鍋で煮ます。ざるにあげた大豆が冷めたら45リットルのゴミ袋に入れて足で潰す。片足でそおっと踏まないと袋が破けるのでご注意を(破けた)。 次に潰した大豆と塩きり麹をまんべんなく混ぜ合わせます。量が多いので二回に分けて丁寧に。右奥の鍋に入っているのが混ぜ終わった熟成前の味噌です。粗めにつぶして大豆の形を残したかったのに練っているうちに粒がなくなってしまった。


2016年の味噌作りその一

我が家ではほぼ毎晩味噌汁をのみます。野菜の味噌炒めや豚肉の味噌漬けは定番メニュー。道の駅でのご当地味噌との出合いは大きな旅の楽しみ。1、2月は味噌作りに適した“寒仕込み”の時季らしいし、自家製味噌をやってみようと思いました。 キーワード検索で見つけたマルカワみそで有機大豆と玄米麹の手作り味噌セットをさっそく注文。初めてなので出来高3キロの少ないほうにした。左は1.3キロの大豆、右は塩きり麴(麹と塩を混ぜたもの)。味噌作りは二日がかりの作業らしい。まずは乾燥大豆に水を吸わせるところから。


冬の横浜中華街まんぷくエディション

時々むしょうに行きたくなるのが中華街(そして行くたび道に迷う)。日曜日の15時過ぎ、しょうちゃんおすすめの山東で遅い昼ごはん。ココナッツだれで食べる水餃子に箸が止まらない。その昔中国ギャルが水餃子を振る舞ってくれたっけな。 せいろの手入れ方法を聞くため照宝へ行く。ゆがみやカビの原因になるので水洗いは厳禁なんだって。反省。目についた店に入り茶葉や乾麺を買いこむ。頂好食品のココナッツ団子は絶対に食べないといけない。旧正月はもうすぐ、今年は2月8日だそうだ。春節で賑わう中華街も興味あるある!


冬の鎌倉ゆったりエディション

真冬の鎌倉へ小旅行、しょうちゃん宅に1泊ステイです。今回はサーフィンもランニングも無しのゆったり編。土曜日は商店街めぐり。高崎屋本店で有機食品を買いカフェ・ロンディーノでひと休み、KIBIYAベーカリーの滋味深いパンに再会。 一軒一軒扉を開け閉めしながらの買い物も楽しいな(めろすはその間トレイルランニングで鎌倉逗子葉山の里山を駆けに駆けていた)。雪の予報もいつしか消えて日曜日には晴れ間ものぞいた。材木座海岸を写真を撮りながら散歩しよう。空も海も薄い色合い、夏を思い出せば無彩色のようだ。


【武蔵野市 吉祥寺喫茶店のナポリタン】を食べにいく

「孤独のグルメ」で観た吉祥寺のカヤシマに行ってきた。夜食テロと称される番組だけあってあれを観たら皆が“ナポリタン腹”になるはず。五郎さんと同じワクワクセットを注文、ナポリタン&小皿のおかずに味噌汁とコーヒーがついて980円。 色が濃いのは見ての通り、濃厚なケチャップ味に何度もむせそうになる。(だがそれがいい。)五郎さんはライスに麺を乗せてナポリタン丼にしていたよな。(その気持ち、わかる。)当分スパゲッティは要らないほど満腹になったのにその晩放送を見返せばまた無性に食べたくなるのだった。


猫のあしあと

日曜日の夜からテレビは大雪への警戒を呼びかけていたけれど、雪が降ることに慣れていないのでそう言われてもぴんとこない。でも夜中じゅう窓の外からカサ、カサと生き物がたてるような音が聞こえて不気味だった。雪がたてた音だろうか? 朝、窓をあけると景色はどこまでも無彩色で、静かで、水っぽい雪が降っていた。水曜日の今日も道端には薄汚れた雪が残っている。ベランダから見下ろすと、人が通らないアパートの前庭に猫のあしあとがついていた。雪を喜ぶでも憂うでもないマイペースっぷりが微笑ましくて、頬が緩む。


去年こころがけていたこと

自分の状態に気を配るようになったのはここ数年の大きな変化だと思う。去年ひっそり掲げたスローガンは「解決できるストレスはそのままにしない」。復職して家の外での刺激が増えたかわりに家庭内のストレスはなるべく取り除きたかった。 不満のあった冷蔵庫と洗濯機、壊れかけの家電製品は買い替えた。好みでないものは捨て使い心地がいい日用品を選び直した。気分や体調を優先して冷暖房も我慢せずに使った。できる範囲でいい状態でいたい。久しぶりに得た賃金は自分に優しい環境を整える投資となった。それでいいのだ。


高速味噌汁

自発的に回転寿司店に行くようになったのは今年の話。清潔な料理が巡回する光景はどこよりも夢の国だと思う。その多幸感で写真と違う貧弱なネタさえ笑ってやりすごせる。ラーメンやコーヒーもあり今や“寿司のあるファミレス”状態である。 くら寿司武蔵野西久保店で二段のレーンを目撃した。上段は注文品専用らしい。注文した味噌汁が高速で滑走して来、汁をほとばしらせながら急停止した。愛おしき実直なテクノロジー! 食べ終わった皿はエアホッケーみたいな軽い音でどこかに吸い込まれ、子ども用のおもちゃを吐き出した。


底無しAmazon沼

Fire TV Stickを買ってから3日に1本のペースで映画を観ている。これまでメリットを感じなかったAmazonプライムもプライム・ビデオが始まったとなれば加入一択。年会費3,900円で約2,000作品が見放題なのだから(2015年12月現在)。 熱心な映画ファンではないのに映画鑑賞が習慣になったのは動画配信の手軽さゆえ。パッケージ開封もディスク返却もない! 宅配レンタルですら今や面倒に感じる。資源ごみの日にAmazonの段ボールを捨てない週はないほどなのにさらに底無しAmazon沼にはまっております。ずぶずぶずぶ。